芝生(TM9)のエアレーションをやってみた!やる目的・やり方・必要な道具などを紹介

芝生のエアレーションをやっているところ 芝生の管理

芝生(TM9)を植えて6年目にして、初めてエアレーションを行いました。

芝生のエアレーションは、簡単に言うと芝生を植えた地面に穴を開ける作業です。

管理人
管理人
芝生を活性化させために行うんです。

ここでは、我が家の庭に植えている省管理型コウライシバTM9のエアレーションについて

  • エアレーションをやると何がいいの?
  • やる時期はいつ?
  • どんな道具が必要なの?

…こちらの内容を中心にお伝えしていきます。

芝生(TM9)のエアレーションをやると何がいいの?

エアレーションを行った後の様子

  • 芝生の根っこ部分に空気を送り込める
  • 古い根っこを切って成長を促せる

これにより、根の部分の通気性・通水性がよくなり発根を促し、芝生を若返らせることができます。

芝生は育つに連れて根が張り巡らされていきます。そうなると通気性や通水性が悪くなり、土壌が固まってしまうんです。

この状況は、芝の発育にとって好ましくありません。

そこで、エアレーション(穴あけ)の出番となるわけです。

芝生(TM9)のエアレーションをやる時期いつ?

  • 3月中旬〜6月(春)
  • 9月(秋)

春と秋、年に2〜3回行うのが理想です。

TM9は「暖地型芝」と呼ばれる高麗芝こうらいしばの一種なので、上記の時期がベスト。

その他の品種も、基本的には春と秋に行います。

管理人
管理人
私は面倒くさがりなので、春に1回だけやります…。

では、芝生を植えてから何年目に行えば良いのでしょうか?

だいたい3年目が目安です。

芝生を植えて3年目になると、芝の値が混み合ってくるから。というのが理由です。

芝生のエアレーションをするために必要な道具は?

エアレーションに必要な道具

  • ローンスパイク(芝生の根を切る)
  • ローンパンチ(穴をあける)

この2種類の道具があるとベスト。

ローンスパイクは刃がナイフ状になっているもので、芝の根を切り裂くために使います。

ローンパンチは1㎝ほどのパイプ状になっているもので、芝生の地面に穴を開けるために使います。

ちなみに、ローンパンチとスパイクが一緒になったタイプもあります。

↓これ
ホームセンターで購入したローンパンチ&スパイク

私は、上の写真にあるローンパンチとスパイクが一緒になったアイテムを購入しました。

管理人
管理人
年に1回しかエアレーションをやらないので。

地域のホームセンター(カインズホーム)で980円安っ!

カインズホームで販売しているローンパンチ&スパイク

エアレーションのやり方は?

エアレーションをやっている私

  1. 芝を刈る
  2. ローンパンチで穴を開ける(10cm間隔)
  3. 掘り出した土を集め回収する
  4. 目土を入れる
  5. 水をまく

このような流れで進めていきます。

エアレーションを行ったあと

私のように、6年もエアレーションをやっていないと穴あけが大変です。

我が家の芝は約6坪ほどありますが、穴あけだけで30分ほどかかりました。

女性には少々キツイ作業です。

エアレーションして手にマメが出来たようす

やりすぎると手にマメができるので、できれば男性にやってもらいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました