芝生 初心者

TM9とキリシマターフの特徴と違い

明らかな違いは葉の形状です。
緑が濃いのはキリシマターフですが、葉が細かく密度が高いのはTM9です。

 

TM9とキリシマターフ

 

TM9は葉が柔らかく裸足で歩いても気持ちいい芝ですが、
キリシマターフは、踏み付けや擦り切れに強くタフな芝です。

 

どちらも管理が楽で見た目が綺麗なのが特徴で、
ポピュラーな高麗芝・姫高麗芝より優れていますが値段は少し高めです。

 

ご近所さんの芝庭と管理のしやすさ、見た目の綺麗さで差をつけたいなら、
TM9とキリシマターフはもってこいです。(^_^)。

 

ちなにみ、わが家はTM9の庭を所有しています。

 

 

TM9の特徴と値段

 

草丈が一般の高麗芝の半分以下で管理が楽なのに、

葉の密度が高く濃緑で柔らかい

 

  • 刈り込み回数が少なく施肥量をおさえることができる(キリシマターフより優れている)
  • 高密度(キリシマターフより高密度)
  • 濃緑な葉
  • 管理・手入れが楽(キリシマターフより刈り込み回数が少ない)
  • 葉が細かい(キリシマターフより細かい)
  • 葉が柔らかい(キリシマターフより柔らかい)

 

1平方メートル単価 1,180円
※2014年5月調査時

 

 

キリシマターフの特徴と値段

 

野芝のようにダメージに強く、高麗芝のように見た目がキレイ

濃緑な葉で伸びる速度も遅く病害虫に強い

 

  • 踏み付けや擦り切れに強い(TM9より強い)
  • 刈り込み回数が少なく施肥量をおさえることができる
  • 管理・手入れが楽
  • 病害虫に強い(TM9より強い)
  • 濃緑な葉(TM9より濃い)
  • 抵抗性が高くダメージに強い(TM9より濃い)
  • 葉の伸びる速度が緩やかで、刈り込みの回数が少なくて済む

 

1平方メートル単価 980円
※2014年5月調査時

 

 

TM9とキリシマターフ比較表

 

↓こちらはTM9キリシマターフ販売店のOOSUMIさんのサイトに掲載されている表です。
TM9とキリシマターフが他の芝よりも管理が楽で見た目が綺麗なことがわかります。

 

TM9とキリシマターフ

TM9とキリシマターフ

 

 

最後にTM9とキリシマターフについて

 

極端に言うと、
管理・手入れを楽して綺麗な芝を眺めるのが目的ならTM9。

 

管理・手入れがある程度楽なうえ、
芝生の上でガンガン遊べるタフさを求めるならキリシマターフです。

 

TM9・キリシマターフは、どちらも見た目が綺麗で管理が楽という特徴があり、
ポピュラーな高麗芝・姫高麗芝とは1つ2つグレードが上で品質が高いです。

 

一度張ってしまえば、長い間は張り替えることのないのが芝です。
多くのご家庭がポピュラーな高麗芝を選び、管理の大変さを痛感している中、
余裕ぶっこいて管理しても綺麗な芝を保てるのがTM9とキリシマターフです。

 

僕の場合は、TM9を選びました。
葉が濃緑で細かく密度が高いのが好きなのと、管理が一番楽だと感じたからです。

 

価格は正直高めなのですが、業者に芝張りを依頼せず自分で芝を張ったので
コスト面の問題はそれほど気になりませんでした。

 

 

管理が楽でも綺麗な芝
あなたはTM9派?それともキリシマターフ派

TM9は生産農家も少なく数に限りがあります。

植える時期も限られるため、毎年売り切れになります。


tm9